平成19年度 四国コンテンツ映像フェスタ2007

四国コンテンツ映像フェスタ2007

最優秀賞 『和紙「十川泉貨紙の伝承」』

制作者:高知県 松下信幸(四万十町在住)
機械化と共に廃れてきた和紙『十川泉貨紙(とおかわせんかし)』であったが、若い青年が和紙職人の就業を始めた。和紙に対する思いとその魅力を伝えることで、泉貨紙文化の復活を願い制作しました。

優秀賞 『隆禅寺のとう』

制作者:徳島県 藤島真、助岡卓真、小島裕輔、橋本直樹、阿部桜子(徳島文理大学学生)
この作品のために、飯原一夫先生の原画を直接お借りしました。
工夫したところは、ナレーションにタイミングを合わせたアニメーションや、5分以内に作品をまとめるのに苦労しました。

優秀賞 『愛すること』

制作者:香川県 今田守(高松映画ビデオ友の会)
愛のかたちは色々あること。高松市庵治町の「世界の中心で、愛をさけぶ」のロケ地とその近くでそれを見ることができました。技術的には若い人には及ばないけれど、映像を見たときに何かを感じてもらえる作品になったと思います。

優秀賞 『山出~棚田の里“山出”の農村体験in愛南』

制作者:愛媛県愛南町コンテンツ制作委員会
山出地区には自然との共存を選んだ人々が暮らし、そこに確かな絆が存在しています。屈託なく笑う子どもたちを見ながら、そうした地域の絆こそが今後、地域を次代に引き継いでいくための生命線になるのではないかと感じました。

特別賞 『神の棲む山』

制作者:徳島県 池本未希(四国大学学生)
この映像は、神山町の神通滝や悲願寺などを撮影したものです。撮影には約2年間費やしました。シナリオは神山町のさまざまな伝説に基づいて考えました。神山町の自然のすばらしさを感じていただけると幸いです。

特別賞 『夏の午さがり』

制作者:香川県 植松亜梨沙、北野達也、大林愛美、木村友亮、田中まりな(専門学校穴吹デザインカレッジ学生)
各々が担当している歌詞部分のアニメーションを製作し、うまく繋ぎ合わせ調整するのに大変苦労しましたが、一人一人色々な個性が出ているところを見ていただきたく思います。

特別賞 『けむけむ』

制作者:愛媛県 矢野直未(国際デザイン・アート専門学校学生)
私が初めて一人で制作したアニメーションです。完成したのは締め切り直前で、ひたすら焦っていたのを覚えています。今見直すと、修正したいところがたくさんありますが、自分の中のものを表現できて良かったと思います。

特別賞 『土佐くろしお鉄道中村・宿毛線の電車でGO!』

制作者:高知県 浜田武(四万十市職員)
「土佐くろしお鉄道 中村・宿毛線」というローカル路線を紹介しております。とは言うものの、四万十川を渡ること以外これといったアピールポイントがなく、せめて通常味わえない10倍速での運行をお楽しみください。